全532文字
液状化に関する各種基準・指針の現状の講習会*1

Zoomによるオンライン講習会。東日本大震災での液状化被害を受けて、耐震基準の見直しが進んでいる。道路橋や建築基礎、港湾、鉄道構造物の液状化に対する最新の基準・指針の動向を解説する。米国の液状化予測手法についても紹介する。申し込み締め切りは2月4日 ■ 一般1万3000円、会員9000円

【日程】
2月5日

【主催者(問い合わせ先)】
地盤工学会(03-3946-8671)
URL:https://www.jiban.or.jp

土木構造物の復旧性評価に関するシンポジウム*2

Zoomによるオンライン開催。地震などで被災した構造物の復旧の可否や方法は、現場での判断が重要となる。技術者間で知見や経験を共有すべく、復旧事例などを発表する。申し込み締め切りは2月23日。定員300人 ■ 無料

【日程】
3月2日

【主催者(問い合わせ先)】
土木学会(03-3355-3559)
URL:https://www.jsce.or.jp

*1は建設系CPD、*2は土木学会CPD対象プログラム。参加費は全て税込み。各イベントは今後、新型コロナウイルスの感染拡大などで中止や延期となる可能性があります。詳細は主催者のホームページなどでご確認ください