全1679文字

読者のみなさまからの投稿をお待ちしております。広く土木建設業界に対するご意見を自由にお書きください。掲載分には薄謝を進呈します。
>> 日経コンストラクション投稿フォーム

上司の「昔の自慢」は真実なのか
横尾 拓(30、建設コンサルタント会社)

 勤務先の上司や先輩に、「昔はもっと仕事をやっていた。昔の我々と比べると、君のような最近の若い社員は仕事への意欲がない」などと言われることがある。彼らが20~30歳代だった1990年代には自社の業績は今よりも良かったので、その通りかもしれない。だが、当時と現在では事業環境に様々な違いがあることも確かだ。

 公共事業の発注量が90年代は今よりもずっと多かったのに対し、私が入社した時期は低迷期だった。他方、各事業の費用対効果や環境に与える影響などを厳しく問われるようになった。発注者の要求レベルは昔に比べて高いのではないだろうか。

 業績の上昇を伴う成功体験がまだほとんどないのは企業に勤める技術者として悔しい。でも、そのことが私の仕事に対する意欲や処理能力の不足を意味するとは限らないだろう。昔と今の建設技術者の力量を第三者の視点で比較分析した記事があれば、ぜひとも読んでみたい。