堤外地と堤内地という言葉は、河川と港湾の両方で使われる。どちらも洪水や高潮から守られている側が堤内地だ。その反対が堤外地なのだが、両者で位置づけが少し異なる。河川の場合、堤外地には住めない。一方で港湾の場合、港湾法で定めている臨港地区外であれば、堤外地でも人が住める。中には、「居住区がある人工島は堤外地でない」という港湾管理者もいた。定義が非常に曖昧だと感じた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックのお薦め

さよならオフィス

さよならオフィス

オフィス不要論はウソ?ホント? 新型コロナで働く場所はどう変わる?

 誰も出社しないオフィスなんて、必要なのか。新型コロナで働き方が一変し、「オフィス不要論」も飛び出した。ジョブ型雇用って何? オフィスの価値って何? 10の疑問を徹底取材し、働き方ニューノーマルを解き明かす。

『さよならオフィス』の詳細はこちら

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら