西日本豪雨の取材を終え、泥だらけの靴でJR広島駅に戻ると、お好み焼きを目当てに行列を作る観光客でごった返していた。地震災害と土砂災害では被災地の雰囲気が大きく異なるものだと改めて感じた。震災の場合、程度に差はあるものの建物やインフラの被害が広いエリアに及び、地域全体が「非日常」に陥る。一方、土砂災害の被害はピンポイントだ。被災箇所から少し離れたエリアは何ら被害を受けず、日常生活を営んでいる。被害が局所的であることは、地域全体で被災経験を共有し、生かすうえで大きな壁にもなり得る。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料