全3223文字
PR

広場を車が通り抜けるようなデザインに

 広々とした石張りの歩行者空間を観光客らが横一列に並んで、楽しそうに歩いている。その横を、速度を落とした自動車が遠慮がちに通り抜けた──。

 山口県防府市の松崎地区で、防府天満宮の参道に続く街路が2019年9月に生まれ変わった。歩車道の境には段差がなく、全面がフラットな状態だ。縁石や柵は見当たらない(写真1、2)。

写真1■ 写真右にある防府天満宮の参道入り口から左に延びる松崎地区の街路を、修景整備した。旧山陽道と萩往還が重なる区間で、歴史的価値が高い。歩車道に構造的な境界を設けず、視覚で誘導して自動車速度の抑制を図る(写真:生田 将人)
写真1■ 写真右にある防府天満宮の参道入り口から左に延びる松崎地区の街路を、修景整備した。旧山陽道と萩往還が重なる区間で、歴史的価値が高い。歩車道に構造的な境界を設けず、視覚で誘導して自動車速度の抑制を図る(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2■ 写真中央の交差点から手前側が松崎地区。交差点奥側の車道は2車線。松崎地区では車道が狭まり、センターラインのない1車線となる(写真:生田 将人)
写真2■ 写真中央の交差点から手前側が松崎地区。交差点奥側の車道は2車線。松崎地区では車道が狭まり、センターラインのない1車線となる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 歴史を生かした街づくりを進める市は、古くからの街道である旧山陽道と萩往還の重なる区間などを対象として、08年度から修景整備を進めてきた(図1)。

図1■ 松崎地区と山頭火の小径の完成で事業は完了
図1■ 松崎地区と山頭火の小径の完成で事業は完了
旧山陽道と萩往還の重なる区間などを修景整備し、街の歴史的な資源を巡る回遊動線の形成を目指す。防府市の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 松崎地区の街路は、旧国道2号の抜け道として使われている。改修前は2車線で、制限速度を超える通過車両が絶えなかった(写真3)。「単なる自動車の通り抜け道路ではなく、歩行者が安全に街の回遊を楽しめて、イベントなどでにぎわいを創出できるような場に整備することが課題だった」。市土木都市建設部都市計画課の小川淳史主任は、こう振り返る。

写真3■ 改修前の松崎地区(写真:防府市)
写真3■ 改修前の松崎地区(写真:防府市)
[画像のクリックで拡大表示]