全2948文字
PR

 札幌市の新さっぽろ駅周辺地区で、市道に“浮かぶ”楕円形の物体が新設された(資料1)。2022年7月に一部で供用開始した空中歩廊の「アクティブリンク」だ。壁一面をシール目地とガラスで構成しており、柱などはない(資料2)。

資料1■ アクティブリンクは市道と5つの敷地をまたいで立つ楕円形の空中歩廊だ。1周は約160m(写真:新津写真)
資料1■ アクティブリンクは市道と5つの敷地をまたいで立つ楕円形の空中歩廊だ。1周は約160m(写真:新津写真)
[画像のクリックで拡大表示]
資料2■ 内周部の壁全面がガラスだ。外周部に窓や換気設備、電気設備、各棟との接続機能などを、天井面にスプリンクラーや照明、防災設備などをそれぞれ集約。スティフナー(補強材)には「番地」のような番号を振った(写真:新津写真)
資料2■ 内周部の壁全面がガラスだ。外周部に窓や換気設備、電気設備、各棟との接続機能などを、天井面にスプリンクラーや照明、防災設備などをそれぞれ集約。スティフナー(補強材)には「番地」のような番号を振った(写真:新津写真)
[画像のクリックで拡大表示]

 「中から外の景色や街区の建物が一望できて、屋外からは内部の人の活動が見える。全ての建物をつなぐ円環状の『アクティブリンク』をつくることで、ここが街の中心だと分かり、一体感が生まれると考えた」。設計を担った大成建設の設計本部先端デザイン部の出口亮シニア・アーキテクトはこう話す。

 同地区は札幌市の副都心として昭和40年代に大規模開発された。JR、地下鉄、バスターミナルの交通結節点にある。しかし、「近年は少子高齢化や開発の停滞で街の魅力が薄れてきた。さらに、地下鉄やJRが重層的に配置されるほか、駅舎で南北の街が分断されるなど、歩行者動線上の課題も抱えていた」と、札幌市まちづくり政策局都市計画部の小仲秀知事業推進課長は説明する。

 そこで市は質の高い複合市街地の形成に向け、新さっぽろ駅周辺地区のG街区とI街区で民間活力を活用した街づくりに取り組んでいる。アクティブリンクは広さ約3.9ヘクタールのI街区に完成した(資料3)。

資料3■ 複数の建物をつなぐ歩廊
資料3■ 複数の建物をつなぐ歩廊
I街区の全体像(出所:大成建設と大和ハウス工業の資料を基に日経クロステックが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 空中歩廊の主構造は、52ブロックの鉄骨部材で構成する外周部のフレームだ。採用した構造形式は橋梁などで見られる「フィーレンデールトラス構造」。梯子状に部材を剛結するもので、これらが歩廊全体を支える役目を果たす。

 12本の柱は外周部に立て、内側に倒れ込もうとする力を閉じた楕円の形でバランスさせた(資料4)。柱に近づくにつれてせん断力が増すため、鉄骨部材のウェブは柱に近づくほど幅が大きくなっていく。温度変化による鉄骨の伸び縮みに伴う応力も、環状なのでバランスよく逃せる。

資料4■ 楕円の外周部に12本の柱が剛接されている。内側に倒れ込むように働く力は楕円の形をつなげることで全体のバランスを保つ(写真:新津写真)
資料4■ 楕円の外周部に12本の柱が剛接されている。内側に倒れ込むように働く力は楕円の形をつなげることで全体のバランスを保つ(写真:新津写真)
[画像のクリックで拡大表示]