全1204文字
PR

土木学会・鋼構造委員会が、道路橋床版に関する2冊の実用書をまとめた。1冊は旧マニュアルを改定したもの、もう1冊は新たなガイドラインだ。同委員会の「道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会」で副委員長を務める近畿大学の東山浩士教授に、書籍の内容を聞いた。(日経コンストラクション)

(写真:日経コンストラクション)
(写真:日経コンストラクション)

「道路橋床版の維持管理マニュアル2020」は、2016年以来の改定です。ポイントを教えてください。

 国土交通省は近年、「点検診断の高度化」を目標に掲げています。そこでマニュアルでは、道路橋床版の維持管理における支援技術を大幅に盛り込みました。

 例えば、調査すべき項目に対応させて、ドローンやロボット、赤外線サーモグラフィーなどの調査方法を表でまとめています。調査の具体的な方法や運用上の留意点を詳しく説明しました。

 また、道路管理者の技術水準に応じた観点で対策工法を選択できるようにしたのが大きな特徴です。対策工法はレベル1からレベル3という形でまとめています。

 例えば、高度なレベル3では劣化の進行過程の評価にまで言及しました。FEM(有限要素法)や載荷実験などで将来の劣化を踏まえて、工法を選択するのです。

「道路橋床版の長寿命化を目的とした橋面コンクリート舗装ガイドライン2020」についてはいかがでしょうか。

 今回、ガイドラインとして初めてまとめました。市町村の中小規模橋梁の長寿命化で、アスファルト舗装をコンクリート舗装に変えて、耐久性を向上させるのが目的です。これまで、橋梁床版上のコンクリート舗装に関する基準はなかったのではないでしょうか。

 コンクリート舗装は高い耐久性があるというデータが上がっており、活用しようというニーズが各地で広がっています。

 京都府大山崎町にある天王山古戦橋や富山市内の新屋橋で、コンクリート舗装の試験施工を実施。その結果を載せています。コンクリート舗装によって、床版のたわみはどれだけ減ったのかなど、施工後の効果も確認しました。

 その他、コンクリート舗装の採用が多い海外の事例についても調べています。

 橋梁の床版上のコンクリート舗装は、土工部におけるコンクリート舗装とは違った考え方で、材料の選定や施工を実施しなければなりません。既設床版といかに一体化させるかも重要な視点です。


[画像のクリックで拡大表示]

道路橋床版の
維持管理マニュアル2020
鋼構造シリーズ35

  • 土木学会・鋼構造委員会
  • 道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会 編
  • 232ページ
  • 定価 3800円+税
  • 2020年10月発行
  • 土木学会
  • 電話 03-3355-3441

[画像のクリックで拡大表示]

道路橋床版の長寿命化を目的とした
橋面コンクリート舗装ガイドライン2020
鋼構造シリーズ36

  • 土木学会・鋼構造委員会
  • 道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会 編
  • 208ページ
  • 定価 2900円+税
  • 2020年10月発行
  • 土木学会
  • 電話 03-3355-3441