PR

 今年の記録的猛暑は、供用中の構造物にも悪影響を及ぼした。富山県では鉄道のレールがゆがみ、路面電車が脱線。羽田空港では滑走路の舗装が剥離した。今後も気温上昇は避けられないなか、インフラの管理者にとって夏は鬼門となるか。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い