PR
全3201文字

 完成から90年以上がたち、損傷が激しい長大橋を供用しながら大規模修繕する。建設時の記録がなく、部材の応力状態も分からない。国土交通省は設計交渉・施工タイプの契約方式を初めて採用。施工者は様々なリスクに備えた工法を提案し、工事に挑む。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い