全2782文字

2023年度の全線開通を目指す新東名で土量306万m3、高さ70mの大規模盛り土を含む工事が最盛期を迎えている。中日本高速道路会社は同社初の「ICTフル活用工事」として位置付けた。出来形管理が中心だった従来のICT土工の枠組みにとらわれず、受発注者間のやり取りを効率化する。

施工履歴データを維持管理につなげる

 新東名高速道路川西工事は、土量306万m3、高さ70mの大規模盛り土と延長約1.2kmのトンネル掘削を含む「塩沢工区」および、土量82万m3の切り土と橋梁下部工事を含む「向原工区」に分かれる。両工区を合わせた工事を中日本高速道路会社が発注し、清水建設・岩田地崎建設JVが211億4000万円で受注した。塩沢工区の盛り土材には、7km離れた向原工区だけでなく周辺の複数現場で発生した土砂も受け入れて使う。

 中日本高速は川西工事を同社初の「ICT(情報通信技術)フル活用工事」に位置付けた。「出来形管理が中心だった従来のICT土工の枠組みにとらわれず、受発注者間のやり取りを効率化する」と、中日本高速秦野工事事務所松田工事区の中村洋丈工事長は意気込む。28万m2という広大な盛り土場の敷地全体を可視化したり、盛り土の土量や品質を管理したりするのが狙いだ。受発注者双方の現場事務所や本社に加え、専門工事会社やソフトウエアベンダーも一体で取り組む(写真1、2図1)。

写真1■ 新東名高速道路川西工事の塩沢工区に勢ぞろいした受発注者。新型コロナウイルス対策のため、全員がマスクを着用する。左から2人目の人物の背後にある高さ18.6mの逆T形擁壁の天端から写真中央奥に見える仮桟橋の高さまで306万m<sup>3</sup>の盛り土を施す(写真:日経コンストラクション)
写真1■ 新東名高速道路川西工事の塩沢工区に勢ぞろいした受発注者。新型コロナウイルス対策のため、全員がマスクを着用する。左から2人目の人物の背後にある高さ18.6mの逆T形擁壁の天端から写真中央奥に見える仮桟橋の高さまで306万m3の盛り土を施す(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2■ タブレット端末に写した現場の風景に3次元設計データを重ねる。受発注者間のオンライン会議や住民説明会などに役立つ(写真:日経コンストラクション)
写真2■ タブレット端末に写した現場の風景に3次元設計データを重ねる。受発注者間のオンライン会議や住民説明会などに役立つ(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

図1■ 3次元データを一気通貫で活用

[測量]
[測量]
ドローンや地上型レーザースキャナーで3次元計測。出来高や出来形にそれぞれ要求される精度で測量方法を選定。施工計画の検討にも活用(ジオサーフ、テック・エンジニア)
[画像のクリックで拡大表示]
[設計]
[設計]
Civil 3DやTREND-COREを使って2次元の設計図面を3次元化。構造物の擦り付けなどの設計照査が容易に(千代田測器、小林コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]
[施工]
[施工]
切り土や盛り土の高さ、転圧回数などをモニターに表示するマシンガイダンス機能を備えた重機で施工。出来形を自動計測してデータを保存(ジオサーフ、丸磯建設)
[画像のクリックで拡大表示]
[検査・納品]
[検査・納品]
3次元設計図と3次元点群データ測量を基に検査を実施。材料種別や転圧回数などの施工履歴をTREND-COREに取り込み、3次元モデルの属性情報として格納。将来の維持管理に生かす(福井コンピュータ)
[画像のクリックで拡大表示]
カッコ内は担当した主な協力会社。清水建設の資料を基に日経コンストラクションが作成

 塩沢工区の盛り土部にはスマートインターチェンジのランプが併設されるため、複雑な形状をしている。高い精度が要求される起工測量や出来形測量は、ドローンや地上型レーザースキャナーなどを組み合わせて測量会社やJVが実施。一方、精度が緩和される土量管理や出来高検査のための測量は、土工事を担う専門工事会社がドローンを自ら飛ばす。「取得した3次元点群データは、土配計画の検討などにも活用する」とJVの蔵重幹夫副所長は話す。