全932文字

 ここ最近、土木向けの新製品・サービスで、AI(人工知能)やクラウド、3次元(3D)といったキーワードを目にする機会が増えた。建設DX(デジタルトランスフォーメーション)を有望市場と捉え、メーカー各社がデジタル化に対応する製品・サービスを積極的に投入している。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!