全1254文字
PR

 うめきた2期計画が注目を集める大阪駅では、南側や西側でも大きなプロジェクトが進行中だ。道路を挟んですぐ南に建つ阪神百貨店梅田本店(大阪神ビルディング)では建て替えの2期工事が始まり、それに合わせて駅前地下道や周辺公共設備の再整備がスタートした。また19年12月、駅西側の旧大阪中央郵便局跡地の計画や、駅西口に新しい改札口と駅ビルを整備する計画が相次いで発表された。「うめきた」だけではない大阪駅周辺の開発状況をリポートする。

駅南側では阪神百貨店の第2期工事が進行中

第2期工事が始まった阪神百貨店(大阪神ビルディング)。建物の名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」を予定している。その向こうに見える円筒形のビルは、長らく梅田のランドマークだった大阪マルビル(写真:生田 将人)
第2期工事が始まった阪神百貨店(大阪神ビルディング)。建物の名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」を予定している。その向こうに見える円筒形のビルは、長らく梅田のランドマークだった大阪マルビル(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
大阪マルビルから見た阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)第2期工事の現場。写真右に建つのは阪急百貨店うめだ本店が入る梅田阪急ビル。大阪梅田ツインタワーズ・サウスの第2期工事竣工後に「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」と名称を変更する予定。隣接する両ビルで「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する計画だ(写真:生田 将人)
大阪マルビルから見た阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)第2期工事の現場。写真右に建つのは阪急百貨店うめだ本店が入る梅田阪急ビル。大阪梅田ツインタワーズ・サウスの第2期工事竣工後に「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」と名称を変更する予定。隣接する両ビルで「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する計画だ(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
阪神百貨店の第2期工事では、2基の「安定液タンク」が見られることから杭打ち工事が進んでいるようだ(写真:生田 将人)
阪神百貨店の第2期工事では、2基の「安定液タンク」が見られることから杭打ち工事が進んでいるようだ(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
すでに工事が終了した阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)の第1期工事部分。改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分を活用することで、道路を挟んで南隣に建っていた新阪急ビルと一体化したビルとして生まれ変わった(写真:生田 将人)
すでに工事が終了した阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)の第1期工事部分。改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分を活用することで、道路を挟んで南隣に建っていた新阪急ビルと一体化したビルとして生まれ変わった(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]