全292文字
PR

JR大阪駅の北側で貨物駅跡地を開発する「うめきた2期プロジェクト」が2024年夏の一部開業を目指して進む一方、駅の南側でも再開発計画が目白押しだ。阪神百貨店などが入っていたビル2棟を一体で建て替える「梅田1丁目1番地計画」は、1000%だった指定容積率を2000%に緩和したうえ、道路上空に占用許可を与えて新しいビルを建設。阪神電気鉄道と阪急電鉄が事業主となり、22年春の全体竣工を目指して2期工事が本格化した。大阪中央郵便局跡地の再開発やJR西日本の新駅ビル計画も19年12月、相次いで明らかになった。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する