全1111文字
PR

 兵庫県姫路市は、JR姫路駅周辺地区で旧新都市拠点整備事業「キャスティ21計画」を進めている。既に完成した駅前エリアに次いで、駅の東側のエリアで、鉄道高架事業や駅周辺土地区画整理事業によって新たに約6.6haの土地を生み出した。ここを「キャスティ21イベントゾーン」として公園やコンベンションセンターなどを整備中だ。「交流と創造のうるおいひろば」と位置付け、人々が回遊する新たな動線を形成し、にぎわいのある都心づくりを目指す。キャスティ21イベントゾーンの2020年6月の様子を、写真を中心にリポートする。

駅周辺地区とコンベンションセンターをつなぐ公園

イベントゾーン西部に整備中のキャスティ21公園。公園を経て姫路市文化コンベンションセンター2階に直結する連絡通路の建設が進んでいる(写真:生田 将人)
イベントゾーン西部に整備中のキャスティ21公園。公園を経て姫路市文化コンベンションセンター2階に直結する連絡通路の建設が進んでいる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
北側から見たキャスティ21公園の様子。この日はショベルカーによる整地作業が行われていた(写真:生田 将人)
北側から見たキャスティ21公園の様子。この日はショベルカーによる整地作業が行われていた(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
キャスティ21公園はJR東海道線と播但線の間に整備されるため、分岐する西端部分はわずかな空間しかない(写真:生田 将人)
キャスティ21公園はJR東海道線と播但線の間に整備されるため、分岐する西端部分はわずかな空間しかない(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
キャスティ21公園(写真右)と姫路市文化コンベンションセンター(同左)。両者を分断している道路の上を連絡通路で結ぶ(写真:生田 将人)
キャスティ21公園(写真右)と姫路市文化コンベンションセンター(同左)。両者を分断している道路の上を連絡通路で結ぶ(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]