全291文字
PR
千里中央駅(大阪府豊中市)から箕面萱場駅(同箕面市)に向けて延伸工事が進む北大阪急行線(以下、北急)。その中間に設けられる新駅・箕面船場阪大前駅の周辺では箕面市の複合施設(2021年5月オープン)や大阪大学の箕面キャンパス(21年4月開校)など、開発が進行中だ。写真は、建設中の新駅・箕面船場阪大前駅とその周辺を南西から見たところ。延伸事業は当初、2020年度の開業予定だったが、用地買収の遅れや計画地の地中に残置された構造物が見つかったことから3年延びて23年度となった(写真:生田 将人)
千里中央駅(大阪府豊中市)から箕面萱場駅(同箕面市)に向けて延伸工事が進む北大阪急行線(以下、北急)。その中間に設けられる新駅・箕面船場阪大前駅の周辺では箕面市の複合施設(2021年5月オープン)や大阪大学の箕面キャンパス(21年4月開校)など、開発が進行中だ。写真は、建設中の新駅・箕面船場阪大前駅とその周辺を南西から見たところ。延伸事業は当初、2020年度の開業予定だったが、用地買収の遅れや計画地の地中に残置された構造物が見つかったことから3年延びて23年度となった(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
北側に向かって続く北急の延伸工事。写真奥には北急の高架部分となる橋脚が並んでいる(写真:生田 将人)
北側に向かって続く北急の延伸工事。写真奥には北急の高架部分となる橋脚が並んでいる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
新駅・箕面船場阪大前駅の直上で行われている工事の様子。クレーンを使って資材を搬入している(写真:生田 将人)
新駅・箕面船場阪大前駅の直上で行われている工事の様子。クレーンを使って資材を搬入している(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
大阪大学外国語学部研究講義棟(写真左)の3階と箕面市複合公共施設の2階をつなぐメインデッキ。デッキ下の地上レベルには駐輪場が整備される(写真:生田 将人)
大阪大学外国語学部研究講義棟(写真左)の3階と箕面市複合公共施設の2階をつなぐメインデッキ。デッキ下の地上レベルには駐輪場が整備される(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
2023年度には箕面市複合公共施設の前に駅前広場が整備される。メインデッキと合わせて大阪大学の学園祭などイベントの開催も考えられている(写真:生田 将人)
2023年度には箕面市複合公共施設の前に駅前広場が整備される。メインデッキと合わせて大阪大学の学園祭などイベントの開催も考えられている(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

事業概要

■ 位置図
■ 位置図
[画像のクリックで拡大表示]

北大阪急行電鉄の南北線を千里中央駅から箕面萱野駅(箕面市西宿1丁目付近)まで約2.5km延伸する事業で、2017年1月に着工した。中間駅として箕面船場阪大前駅(箕面市船場東3丁目付近)を設置する。事業主体は、千里中央駅から箕面船場阪大前駅までが北大阪急行電鉄、箕面船場阪大前駅から箕面萱野駅までのうち、トンネルや高架などのインフラ整備工事が箕面市、設備やレールなどの整備工事が北大阪急行電鉄。総事業費は約874億円。箕面市は新駅周辺に複合公共施設を建設するとともに、大学を誘致した。大阪大学が外国語学部と日本語日本文化教育センターの入る地上10階のビル型キャンパスを建設する