PR

自律化した重機による施工はまだ緒についたばかりだ。だが、複数の自律型重機を投入し、相互に協調させる先進的な現場も現れている。

鹿島など
20台超が自動で堤体構築

 重機20台超による自律施工の取り組みが、鹿島・前田・竹中土木JVが施工する成瀬ダム堤体打設工事(秋田県東成瀬村)で、早ければ2020年秋に実現する(写真1)。

写真1■ 2019年8月時点の成瀬ダムの建設現場の様子。本体基礎掘削工事や法面保護工事などが進む(写真:鹿島)
写真1■ 2019年8月時点の成瀬ダムの建設現場の様子。本体基礎掘削工事や法面保護工事などが進む(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 成瀬ダムは台形CSG形式のダムだ。堤体の大部分は、砂れきをセメントで固めたCSGと呼ぶ材料を打設して構築する。打設作業は全て自動化される計画で、最盛期には、いずれも自律型のダンプ7台、ブルドーザー4台、振動ローラー7台、コンバインドローラー3台、清掃車2台を投入。これらが協調して、CSGの荷受け・搬送から、打設表面の清掃、まき出し、転圧といった作業を最大で70時間続ける(図1)。

図1■ 前人未踏の20台超の自動化
図1■ 前人未踏の20台超の自動化
成瀬ダム堤体打設工事へのクワッドアクセル(A4CSEL)の導入イメージ。早ければ2020年秋ごろ、自動化された重機23台が一斉に稼働する光景が見られる。最大で70時間連続して、約4万8000m3のCSGを打設する(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 取り組みの要は、鹿島が提唱する次世代建設生産システム「クワッドアクセル(A4CSEL)」だ。市販のICT建機を改造し、自律運転できるようにした重機を軸に、単純作業や繰り返し作業をオペレーターの操作なしで行う。