全1657文字
PR

梅雨前線の影響で7月3日から降り続く大雨によって、熊本県南部を中心に落橋や浸水、土砂崩れの被害が多発した。前線は日本列島に1週間以上停滞し、九州北部や東海地方でも猛威を振るった。死者・行方不明者は80人を超えた。(2020年7月豪雨取材班)

 活発な梅雨前線の影響に伴う豪雨で、今年も甚大な被害が発生した。2020年7月4日には熊本県南部で、1級河川の球磨川の氾濫や落橋、土砂災害などを引き起こした(写真1)。

写真1■ 熊本県人吉市にある県道15号人吉水俣線の西瀬橋。橋長174m、幅6.2m。右岸(写真右)から3径間目の上部構造の一部が流失した(写真:日経コンストラクション)
写真1■ 熊本県人吉市にある県道15号人吉水俣線の西瀬橋。橋長174m、幅6.2m。右岸(写真右)から3径間目の上部構造の一部が流失した(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 特に、球磨川の中流域で浸水被害が拡大した。球磨村では、特別養護老人ホーム「千寿園」が激流にさらされ、入所者の14人が死亡した。川が山あいの狭さく部に流れ込む手前で、水かさが増えやすい地形だった。加えて、千寿園は支川の小川との合流点にあり、増水した本川の流れにせき止められて支川の水位が急激に上がる「バックウオーター現象」が生じた可能性がある。

 さらに上流の人吉市では球磨川の決壊や越水が集中して、市街地の建物の1階が全て浸水するほどの大被害となった(写真23)。場所によっては10m近い浸水深を記録した(図1)。総務省消防庁によると、球磨村、人吉市だけで死者・行方不明者は44人に上る(7月13日午後2時時点)。

写真2■ 浸水被害が激しかった人吉市街地。建物の2階付近まで水深が上がっている。7月4日の朝に撮影(写真:国土交通省九州地方整備局)
写真2■ 浸水被害が激しかった人吉市街地。建物の2階付近まで水深が上がっている。7月4日の朝に撮影(写真:国土交通省九州地方整備局)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3■ 熊本県人吉市中神地区では、球磨川の右岸堤防が約300mにわたって決壊した。7月4日午後4時ごろに撮影(写真:国土交通省九州地方整備局)
写真3■ 熊本県人吉市中神地区では、球磨川の右岸堤防が約300mにわたって決壊した。7月4日午後4時ごろに撮影(写真:国土交通省九州地方整備局)
[画像のクリックで拡大表示]
図1■ 最深で10m弱の浸水
図1■ 最深で10m弱の浸水
人吉市周辺における球磨川の浸水推定図。国土地理院が7月4日午後3時ごろに撮影した画像や標高データ、同時刻までに収集したSNS画像を用いて浸水範囲の水深を算出し、濃淡で表現した(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、九州南部での被害は始まりにすぎなかった。その後、梅雨前線は1週間以上にわたり日本列島に停滞を続け、九州北部や東海地方などで連日のように被害が報告された。全国では80人を超える死者・行方不明者を出す記録的な災害となっている(図2)。気象庁はこの大雨を「令和2年7月豪雨」と命名した。

図2■ 死者・行方不明者は80人を超える
都道府県 人的被害(人) 住家被害(棟)
死者 行方不明者 負傷者 床上浸水 床下浸水
岩手県 4
栃木県 2
千葉県 1
神奈川県 1 2
富山県 1
長野県 1 2 36
岐阜県 1 66 205
静岡県 1
愛知県 1 19
奈良県 1 2
和歌山県 1 1
広島県 1
山口県 17 189
愛媛県 1 1 4 57
福岡県 2 2 1458 3455
佐賀県 2 16 84
長崎県 1 20 48
熊本県 64 4 5058 1928
大分県 1 5 2 123 192
宮崎県 2 1
鹿児島県 1 4 96 315
合計 71 11 17 6862 6541
7月13日午後2時時点(資料:総務省消防庁)