橋の定期点検が1巡し、いざ補修へ─。全国の自治体で「点検率ほぼ100%」を達成し、橋の維持管理は順風満帆に進んでいるように見える。ところが、現場では大げさな診断や過大な補修設計、不適切な対処による再劣化など多くの課題が露呈してきた。限られた予算を効率的に使うには、今以上に発注者や建設コンサルタント会社などの研さんが不可欠だ。「まずい実例」を基に、地方における橋の診断・補修の在り方を探った。

(写真・資料:近畿建設協会、災害科学研究所、法務省法務局、橋梁メンテナンス技術研究所、日経コンストラクション)
(写真・資料:近畿建設協会、災害科学研究所、法務省法務局、橋梁メンテナンス技術研究所、日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]