全2923文字
PR

限られた予算で5年に1度の点検と、健全度IIIの5年以内の補修をどうやり繰りするか─。解決策の1つとして、多くの自治体が実践し始めたのが直営化だ。軽微な損傷を自ら補修したり、1巡目で作成した調書を基に点検を内製化したりする自治体に学ぶ。

 職員による直営施工で橋梁補修「DIY」を実践している熊本県玉名市。2019年度の第3回インフラメンテナンス大賞で、国土交通省の優秀賞に輝いた。

 取り組みを先導しているのが、16年4月に建設部土木課橋梁メンテナンス係に異動してきた木下義昭係長だ(写真1)。異動後すぐに熊本地震が発生。復旧や復興で自治体への支援が乏しい現状を目の当たりにしながら、「地方が自立して橋のメンテナンスサイクルを回す対策が重要だ」と肌身に感じたことが、取り組みを加速させる。

写真1■ 熊本県玉名市が管理する道路橋の前にいるのは、建設部土木課橋梁メンテナンス係の木下義昭係長。同市には、用排水路をまたぐ橋が多い(写真:日経コンストラクション)
写真1■ 熊本県玉名市が管理する道路橋の前にいるのは、建設部土木課橋梁メンテナンス係の木下義昭係長。同市には、用排水路をまたぐ橋が多い(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 15年度末に同市の道路橋の点検完了率が2%だったのに対して、3年後には100%。加えて、判定区分III以上に対する修繕着手率も100%を達成した(図1)。特筆すべきは措置完了率で、健全度IIIについては80%に上る。

図1■ 健全度III以上の修繕着手率は100%
図1■ 健全度III以上の修繕着手率は100%
18年度末の橋梁点検数は833(資料:玉名市)
[画像のクリックで拡大表示]