PR
全1445文字

 鉄道高架橋のスラブ下面から、1スパン分のかぶりコンクリートが全面的に剥がれ落ちた。総重量は1.3t。繊維入りの表面被覆材が点検を困難にしただけでなく、不安定なコンクリートを巨大ブロック化させた可能性もある。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い