全3294文字
PR

選択科目IIは出題の予測が難しく、学習範囲が絞りづらい。とはいえ、必須科目Iや選択科目IIIと同様に直近の国土交通政策が出題されやすい。2019年度に実際に出た選択科目II-1やII-2の問題を例に挙げながら、記述方法や情報収集のコツについて伝授する。(日経コンストラクション)

1.選択科目IIと国土交通政策

 2020年度の技術士第二次試験の受験案内にあるように、「選択科目II」は受験者の選択した科目に関する専門知識を問うII−1と応用能力を問うII−2に分かれる(図1)。II−1では4問から1問を選択し、答案用紙1枚に記述する。

図1■ 出題内容
問題の種類 配点 試験方法・用紙 解答時間
I 必須科目 40点 記述式
(600字詰め用紙3枚以内)
2時間
(午前10時~正午)
「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力および課題遂行能力に関するもの
II 選択科目 30点 記述式
(600字詰め用紙3枚以内)
3時間30分
(午後1時~午後4時30分)
「選択科目」についての専門知識および応用能力に関するもの
III 選択科目 30点 記述式
(600字詰め用紙3枚以内)
「選択科目」についての問題解決能力および課題遂行能力に関するもの
総合技術監理部門を除く技術部門。選択科目の試験中に休憩時間はなし(資料:日本技術士会)

 他方、II−2では2問から1問を選択し、答案用紙2枚に記述する。特にII-2については、全部門全科目にわたって小問(1)から(3)まで同じ内容である点が特徴だ。

 II−1は科目ごとに広い分野からまんべんなく出題され、重要なキーワードや新技術が問われる(図2)。II−2では、具体的な条件が設定されている。その条件下で、業務を遂行する手順と留意点、工夫を要する点などが問われる(図3)。

図2■ 選択科目IIの「専門知識」に関する概念や出題内容
試験方法・用紙・配点など 記述式、4問中1問を選択して解答(600字詰め用紙1枚以内)、配点10点
概念 「選択科目における技術分野の業務に必要で幅広く適用される原理などに関わる汎用的な専門知識
出題内容 「選択科目」における重要なキーワードや新技術などに対する専門知識を問う
評価項目 技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)のうち、専門的学識、コミュニケーションの各項目
(資料:日本技術士会)
図3■ 選択科目IIの「応用能力」に関する概念や出題内容
試験方法・用紙・配点など 記述式、2問中1問を選択して解答(600字詰め用紙2枚以内)、配点20点
概念 これまでに習得した知識や経験に基づき、与えられた条件に合わせて、問題や課題を正しく認識し、必要な分析を行い、業務遂行手順や業務上留意すべき点、工夫を要する点などについて説明できる能力
出題内容 「選択科目」に関係する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点などについての認識があるかどうかを問う
評価項目 技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)のうち、専門的学識、マネジメント、リーダーシップ、コミュニケーションの各項目
(資料:日本技術士会)

 選択科目IIは出題の予測が難しく、学習範囲が絞りづらい。それでも、必須科目Iや選択科目IIIと同様に直近の国土交通政策が出題されやすいという特徴は同じだ。

 19年度に実際に出た選択科目IIの問題の一部を図4に示す。国土交通政策に関連した出題だ。おおむね1年以内の政策が出題されやすいと分かる。

図4■ 19年度の出題と国土交通行政との関連
科目 2019年度の出題例 関連する国土交通政策
都市計画 II-2-1
  • 防災・減災対策と並行して、事前に被災後の復興まちづくりを考えながら準備しておく復興事前準備の取り組みを進めておくことが重要となっている。このため平時から災害が発生した際のことを想定し、ソフト的対策を含む防災・減災対策と並行しつつ、それとは別に、被災市街地の復興に資するソフト的対策を事前に準備しておくことが必要である。
  • 大規模地震による被災の懸念のある地方公共団体において、復興事前準備の取り組みを行うことになり、あなたがこの業務を担当責任者として進めることになった。下記の内容について記述せよ。
    • (1)調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
    • (2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
    • (3)業務を効率的、効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。
「復興まちづくりのための事前準備ガイドラインについて」(2018年7月)
河川砂防 II-1-1
  • 河川堤防(土堤)について、維持管理の観点からの施設の特徴と維持すべき機能をそれぞれ2つ以上述べよ。また、その特徴と機能を踏まえ、河川堤防(土堤)の維持管理に当たっての技術的留意点を述べよ。
「堤防等河川管理施設及び河道の点検・評価要領」(2019年4月)
II-1-4
  • 水防法に基づく高潮浸水想定区域図の作成について、想定する台風の条件設定(規模、経路)の方法を述べよ。また、想定する台風による高潮推算(海域のみ、河川域および陸域は除く)の方法および留意点をそれぞれ1つずつ述べよ。
「高潮浸水想定区域図作成の手引き」(2015年7月)
「海岸保全に関する取組の現状」(2019年10月)
II-2-1
  • 近年、激甚な災害が各所で発生し大規模な災害復旧事業が進められているが、環境の保全に配慮しつつ災害に強い社会資本の整備が求められている。あなたが環境に配慮した災害復旧工事の検討業務を担当することとなった場合、河川、砂防および海岸・海洋のいずれかの分野を対象として、以下の問いに答えよ。
    • (1)調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
    • (2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
    • (3)業務を効率的・効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。
II-2-2
  • 近年、大規模広域豪雨による洪水・土砂災害の発生や大規模地震・津波が想定されることを踏まえると、河川、砂防および海岸・海洋の分野では、防災に配慮した地域づくりを進めていくことが求められる。あなたが洪水、土砂災害、津波のいずれかの防災地域づくりの検討業務を担当することとなった場合、以下の問いに答えよ。
    • (1)調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
    • (2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
    • (3)業務を効率的・効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。
「河川事業概要2019」
港湾空港 II-2-1
  • 平成30年9月の台風21号において、高潮により大阪湾の港湾や空港に大きな被害が発生したことから、これを踏まえた高潮対策を策定することとなった。港湾または空港のいずれかを選び、あなたがこの業務を担当責任者として進めるに当たり、下記の内容について記述せよ。
    • (1)調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
    • (2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
    • (3)業務を効率的・効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。
「港湾の堤外地等における高潮リスク低減方策ガイドライン」(2019年3月)
道路 II-1-2
  • 平成30年3月の道路法改正により創設された、重要物流道路制度の目的を説明せよ。また、重要物流道路制度の概要について述べよ。
「道路法改正」(2018年3月)
「重要物流道路制度の創設」(2018年5月)
II-2-1
  • ある市街地の生活道路(地区に住む人が地区内の移動あるいは地区から幹線街路に出るまでに利用する道路)において、地区に関係のない自動車の走行やスピードの出し過ぎなどの問題が発生しており、交通安全対策(ゾーン対策)が検討されている。この対策の担当責任者として、下記の内容について記述せよ。
    • (1)調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
    • (2)業務を進める手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
    • (3)業務を効率的・効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。
「生産性革命プロジェクト」貫徹の年(2019年)
施工計画 II-1-2
  • 国土交通省が進める「多様な入札契約方式」について、以下の(1)~(4)の各方式の中から2つ選び、それぞれの方式の概要、特徴・効果、並びに実施上の留意点を述べよ。
    • (1)CM方式
    • (2)事業促進PPP方式
    • (3)設計・施工一括方式
    • (4)ECI方式
「多様な入札契約方式の活用に向けて」(2017年~)
建設環境 II-1-1
  • 我が国の建設リサイクルの取り組み状況について説明し、さらに建設発生土について有効利用及び適正処理の方策について述べよ。
「平成30年度建設副産物実態調査」(2019年6月)

 都市計画や河川砂防、港湾空港、道路、電力土木といった計画系の科目では特に出題されやすい。

 それ以外の工学系の科目(土質および基礎や鋼構造およびコンクリートなど)でも、防災・減災や維持管理といった最近のテーマが出題されやすい。