長い間、「きつい」「汚い」「危険」の3Kと皮肉られてきた建設現場の労働環境。そんな汚名を返上する切り札としてテクノロジーが台頭してきた。5GやAI(人工知能)、自動化などの導入によって、技術者や技能者をきつい作業から解放し、安全で奇麗な環境をつくり出す――。働きやすさを追求する次世代の現場を密着取材した。

(写真・資料:映像進捗管理システム開発コンソーシアム、小柳建設、阪神高速道路会社、日経コンストラクション)
(写真・資料:映像進捗管理システム開発コンソーシアム、小柳建設、阪神高速道路会社、日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]