全2558文字

建設現場には、作業員の体力や集中力をすり減らす、きつくて汚い作業が数多く潜む。こういった苦渋作業から作業員を解放する一手として導入を進めているのが、重機などによる自動化だ。大林組JVのダムの現場では、コンクリート工事を中心に、10以上の作業で自動化技術を試みる。

 三重県伊賀市の山間部に、苦渋作業を肩代わりする自動化技術が、勢ぞろいしていると噂される現場がある。水資源機構の発注で大林組・佐藤工業・日本国土開発JVが施工を担当している川上ダムだ。

 現場を訪れると、きつい作業として悪名高い「グリーンカット」の自動化に向け、検証が進む様子を目の当たりにした(写真1)。

写真1■ ダムの堤体としてコンクリートを打設した後は、セメントや骨材の微粒子が表面に浮き上がり、レイタンスと呼ばれる弱い層ができる。上の写真は、その層を削り取るグリーンカットと呼ぶ作業の自動化に取り組んでいる様子。スイッチを押すと、無人のグリーンカットマシンが決められたエリア内を動く。右下の写真は、手持ちのマシンを使っていた頃の様子(写真:日経コンストラクション、右下は日本ダム協会のホームページから引用)
写真1■ ダムの堤体としてコンクリートを打設した後は、セメントや骨材の微粒子が表面に浮き上がり、レイタンスと呼ばれる弱い層ができる。上の写真は、その層を削り取るグリーンカットと呼ぶ作業の自動化に取り組んでいる様子。スイッチを押すと、無人のグリーンカットマシンが決められたエリア内を動く。右下の写真は、手持ちのマシンを使っていた頃の様子(写真:日経コンストラクション、右下は日本ダム協会のホームページから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 グリーンカットとは堤体のコンクリートを打ち重ねる際に欠かせない作業だ。セメントや骨材の微粒子が表面に浮き上がって作られる品質の悪い層「レイタンス」を、ブラシやウオータージェットで削り取る。

 次の層のコンクリートを打設するまでに実施しなければならず、数人が夜間の居残りや休日返上で対応せざるを得ない場合がある。

 近年は先端にブラシの付いた重機を使うのが一般的だ。しかし、以前は手持ちの機器で削り取っていたため、水や泥が飛び散る“汚れ作業”としての一面もあった。

 川上ダムの現場では、重機にGNSS(衛星を用いた測位システムの総称)やセンサーを取り付け、位置情報を基に指定したエリア内のグリーンカットを自動化するシステムの開発に取り組む。ブラシの回転数やコンクリート表面への押し付け力、往復の回数などの設定を変え、削り具合を検証している(写真2)。

写真2■ ブラシの押し付け力や回転数など、グリーンカットマシンの設定を変えて、コンクリートの打ち継ぎ面の処理状況を検証する(写真:大林組)
写真2■ ブラシの押し付け力や回転数など、グリーンカットマシンの設定を変えて、コンクリートの打ち継ぎ面の処理状況を検証する(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 併せて、レイタンス処理後のコンクリート表面の状態を自動で判定する技術も開発中だ。露出した骨材の凹凸を、AI(人工知能)による画像判定で評価する。