必要な外力を見落としたり、昔の構造物の再現設計に失敗したり──。3次元データの活用など設計の高度化が進む一方で、単純ミスが絶えない。設計者だけでなく発注者や施工者もミスを見逃し、是正に手間を要するケースも。最新事例の取材を通して、背景を探った。

(写真:左上から時計回りに宮城県、日経コンストラクション、国土交通省、青森県、日経コンストラクション、沖縄県、南相馬市)
(写真:左上から時計回りに宮城県、日経コンストラクション、国土交通省、青森県、日経コンストラクション、沖縄県、南相馬市)
[画像のクリックで拡大表示]