全1302文字
PR

 治水対策で造る堤防などの構造物が、地域の景観を阻害して問題となることがある。景勝地として知られる京都・嵐山では、治水と景観を両立させる止水壁の整備が進む。河川管理者と地元の関係者との間の入念な検討で、地域になじむ構造が実現した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料