全2501文字
PR

土木分野の知っておきたい知識をクイズ形式で紹介。日経コンストラクションやウェブサイト「日経クロステック」に掲載した記事などを基に出題します。あなたの精通度は。正解は次ページ以降にあります。

Q1 斜面崩壊で流失した橋桁、なぜ1年で復旧?

(写真:都築 安和)
(写真:都築 安和)
[画像のクリックで拡大表示]

高知自動車道・新宮インターチェンジ(IC)─大豊IC間の立川(たぢかわ)橋は橋長63.5mの3径間連続プレストレスト鉄筋コンクリート桁橋です。2018年7月の豪雨で斜面崩壊に巻き込まれ、上り線の橋桁が流失しましたが、19年7月に復旧工事が完了。なぜ、わずか1年で復旧できたのでしょうか。

  1. 自動化施工を採用したから
  2. 橋台や橋脚を再利用したから
  3. 設計完了の前に着工したから

Q2 車道に張り出すウッドデッキ、この街は?

(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

道路空間の使い方が多様化しています。上の写真は、車道の一部を転用した「パークレット」と呼ぶ施設。歩道から車道の停車帯に張り出すようにウッドデッキなどを設け、誰もが休憩や読書をはじめ自由に使えます。日本で初めて車道にパークレットを設置したこの街はどこでしょうか。

  1. 豊島区池袋
  2. 名古屋市栄
  3. 神戸市三宮

Q3 頑丈な水密扉で仕切られたここはどこ?

(写真:大上 祐史)
(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

丸いハンドルが付いた鋼製の頑丈な水密扉の奥に、仮設の足場を介して、広々とした空間がつながっています。コンクリートで囲まれたその空間には、ヘルメットをかぶった人々が集まっているのが見えます。ここは一体、どこでしょうか。

  1. 潜水艇の内部
  2. ダム堤体の内部
  3. 海底トンネルの内部