全2722文字
PR

土木分野の知っておきたい知識をクイズ形式で紹介。日経コンストラクションやウェブサイト「日経クロステック」に掲載した記事などを基に出題します。あなたの精通度は。正解は次ページ以降にあります。

Q1 高さ80mもある橋脚、なぜこんなに細い?

(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

神戸市北区にある新名神高速道路の武庫川橋。橋脚は、高さが80mと22、23階建ての高層マンションに匹敵する一方、円筒断面の直径は5mほどしかありません。幅24m超の橋桁を細長い橋脚で支える姿はスリリングにさえ感じます。なぜ橋脚をこんなに細く造ったのでしょうか。

  1. 橋の下の民有地を避けるため
  2. 川の流れを妨げないため
  3. 日陰ができる面積を抑えるため

Q2 「船乗り場はどこ」、最寄り駅から旅客を導く仕掛けとは?

(写真:熊本県)
(写真:熊本県)
[画像のクリックで拡大表示]

熊本県宇城市のJR三角(みすみ)駅前に広がる三角東港からは、天草方面への定期船が出港しており、観光客に人気の周遊ルートです。熊本県は2016年に駅と港の周辺を改修し、「三角東港広場」として整備。駅から船乗り場への動線を明確にするために、どんな工夫を施したでしょうか。

  1. 船乗り場までの動線に屋根
  2. 船乗り場までの動線に親水水路
  3. 船の待合所の前に銅像

Q3 「琵琶湖疏水(そすい)」を造った20代の土木技術者は?

(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

滋賀県にある琵琶湖の水を京都へ引き込む「琵琶湖疏水」は1890年に完成しました。第3代京都府知事の北垣国道が計画し、外国人技師に頼らずに取り組んだ明治期の一大土木プロジェクトでした。その工事の責任者を任された20代の土木技術者は誰でしょうか。

  1. 関門トンネルを推進した田辺朔郎
  2. パナマ運河の工事に携わった青山士
  3. 台湾で灌漑(かんがい)整備に携わった八田與一