記録的な長雨となって全国に被害をもたらした「令和2年7月豪雨」。気候変動の影響に伴って、今後も同様の豪雨災害は避けられないどころか、頻度や外力が増すとも予測されている。落橋や堤防決壊、土砂災害などのメカニズムを振り返るとともに、被害をどう最小限に抑えるかを探る。

熊本県人吉市大柿地区で流木による被害を受けた家屋。球磨川左岸の決壊により浸水被害が激しかった(写真:水源地環境センター)
熊本県人吉市大柿地区で流木による被害を受けた家屋。球磨川左岸の決壊により浸水被害が激しかった(写真:水源地環境センター)
[画像のクリックで拡大表示]