「設計通りに造れない」。施工の最中に重大な設計ミスが判明したり、予期しない地盤が出現したりして、設計の大幅な見直しが求められるケースが相次いでいる。途中まで完成した構造物や既存の設計を生かしながら、どのように是正すればよいのか。苦悩する現場を取材した。

(写真:右下は中日本高速道路会社、それ以外は日経コンストラクション)
(写真:右下は中日本高速道路会社、それ以外は日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]