工事で発生する残土の受け入れ地が決まらず、新幹線建設の先行きが揺らいでいる。ビッグプロジェクトから大量の残土が出る一方で、不適切な投棄を巡るトラブルも後を絶たない。背景には、現場からの搬出量の方が、搬入量よりもはるかに多い実態がある。残土問題に真正面から向き合わないと、建設工事は立ち行かなくなる。

愛知県弥富市内で放置された残土の山。金魚の養殖場跡地を水田に変える予定だったのだが…(写真:日経コンストラクション)
愛知県弥富市内で放置された残土の山。金魚の養殖場跡地を水田に変える予定だったのだが…(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]
2018年度に全国の建設現場で建設残土が搬出された量と搬入された量。国土交通省の「建設副産物実態調査結果」を基に日経コンストラクションが作成
2018年度に全国の建設現場で建設残土が搬出された量と搬入された量。国土交通省の「建設副産物実態調査結果」を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]