全485文字

 建設残土がインフラ整備の制約になってきた。北海道新幹線の札幌延伸では、環境基準を超える自然由来の重金属など含む「要対策土」の処分が難航。延伸区間の8割を占めるトンネル工事で、掘削中断や着工遅れが生じている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い