全554文字

 高齢者や障害者の円滑な移動を促進する改正バリアフリー法が、2021年4月に施行される。改正法では、従来の駅や航空旅客ターミナルなどに加えて、バリアフリー化を求める施設を拡大。公立小中学校と旅客特定車両停留施設(バスなどの旅客の乗り降りのための道路施設)を追加した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い