全533文字

 人手不足が深刻になるなか、工事現場で活躍するロボットの開発や普及を目指してライバル関係にある大手建設会社同士が異例のタッグを組む。鹿島と竹中工務店、清水建設に加え、複数の中堅建設会社や建機レンタル会社などが、2021年春にもコンソーシアムを設立する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い