全2169文字
PR

 「陥没や空洞はトンネル工事と因果関係があったと認めざるを得ない。住民におわび申し上げる」。東京都調布市の東京外かく環状道路(外環道)の大深度トンネル工事現場の直上で起こった住宅地の陥没事故。東日本高速道路会社関東支社の加藤健治建設事業部長は2020年12月18日、有識者委員会(委員長:小泉淳早稲田大学名誉教授)が中間報告をまとめたのを受けて謝罪した(写真12)。

写真1■ 住宅地内の市道に生じた陥没
写真1■ 住宅地内の市道に生じた陥没
[画像のクリックで拡大表示]
大深度地下で掘進中だったシールドトンネル(写真:東日本高速道路会社)
大深度地下で掘進中だったシールドトンネル(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2■ 陥没・空洞とトンネル工事との因果関係を認めて謝罪した東日本高速関東支社の加藤健治建設事業部長(右)ら(写真:日経コンストラクション)
写真2■ 陥没・空洞とトンネル工事との因果関係を認めて謝罪した東日本高速関東支社の加藤健治建設事業部長(右)ら(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本高速が陥没や空洞とトンネル工事との因果関係を認めた最大の理由は、掘進したトンネルの頂部から陥没箇所や空洞箇所まで、地盤に煙突状の緩み領域が見つかったからだ。事故後の調査で判明した。

 住宅地を通る市道が幅3m、長さ1.5m、深さ5mにわたって陥没したのは20年10月18日。陥没穴は地中で幅6m、長さ5mの大きさに広がり、一部は宅地の下に達した。

 陥没地点の47m下にある大深度地下では、外環道の南行き本線トンネルの工事が進んでいた。東日本高速が発注し、鹿島・前田建設工業・三井住友建設・鉄建建設・西武建設JVが施工。陥没の1カ月ほど前、国内最大となる外径16.1mの泥土圧式シールド機が南から北に向かって通過したばかりだった(図1)。

図1■ 住宅地の47m下をシールド機が通過
図1■ 住宅地の47m下をシールド機が通過
陥没事故が発生した時点で、南行き本線トンネルのシールド機は現場から北に132mほど進んでいた。北行き本線トンネルのシールド機はまだ通過していない。東日本高速道路会社の資料を基に日経コンストラクションが作成(写真:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本高速は事故後、周辺でボーリング調査などを実施。陥没地点の南北2カ所で土かぶり5mほどの深さに長さ27~30m、幅3~4m、高さ3~4mほどの細長い空洞があるのを20年11月に相次いで見つけた。北側で見つかった空洞の容積は約600m3、南側の空洞は約200m3で、いずれもシールド機が掘進したほぼ真上に当たる。