全1231文字

 自宅に居ながら、パソコンやスマートフォンを使って遠く離れた現場の重機を操作し、施工する。こんな光景を見られる時代が意外に早く訪れるかもしれない──。そう思わせるのが、ARAV(アラブ、東京都文京区)が開発した遠隔操作技術だ。

 最大の特徴は、一般的なインターネット回線を介して建機を遠隔操作できる点にある。自宅でのテレワークによる操作も可能だ。インターネットを使える環境であれば距離の面で制限はない(図1)。

図1■ インターネットを介した操作で3Kを解消
図1■ インターネットを介した操作で3Kを解消
開発した遠隔操作技術は、一般的なインターネット環境さえあれば機能する。1000kmを超えるような遠隔地でも、パソコンやスマートフォンを使ったテレワークスタイルで建機を操ることが可能だ(ARAVの資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存の建機を改造し、必要な機器を後付けして遠隔操作できるようにする。一部、対応しない方式の建機もあるが、基本的には機種やメーカーを問わず幅広く適用できる。

 創業者の白久レイエス樹氏(写真1)は、「高専ロボコン」の全国優勝の経験を持つロボティクス技術のエキスパートだ。2018年に乗用車用の後付け型自動運転システムの開発に成功。これが建設関係者の目に止まり、「建機を自動化・遠隔操作化する技術の開発に力を貸してほしい」と声が掛かった。白石氏はそれに応える形で20年4月にアラブを立ち上げた。

写真1■ ARAVの白久レイエス樹代表取締役。ロボティクス技術に精通し、古い乗用車に後付けできる自動運転システムの開発にも成功している。この自動運転技術に着目した知人などから建機の自動運転や遠隔操作の開発支援を依頼され、2020年にARAVを立ち上げた。白久代表が創業したスタートアップは、同社で3社目だ(写真:奥野慶四郎)
写真1■ ARAVの白久レイエス樹代表取締役。ロボティクス技術に精通し、古い乗用車に後付けできる自動運転システムの開発にも成功している。この自動運転技術に着目した知人などから建機の自動運転や遠隔操作の開発支援を依頼され、2020年にARAVを立ち上げた。白久代表が創業したスタートアップは、同社で3社目だ(写真:奥野慶四郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットを介し、様々な端末で建機を遠隔操作する技術は、「Web RTC」(Web上のリアルタイムコミュニケーション)や「H.264」(映像圧縮)、「4G/LTE」(データ送信)など汎用技術を組み合わせ、建機用システムに最適化、実装した。