全1373文字
PR
  • ニューマチックケーソンの工事において、高気圧作業の可否判断をAIに引き継ぐ
  • 人間の視覚や聴覚の情報を基に判断することが得意なAIの特性を生かす

 2018年2月に2人のAI(人工知能)エンジニアが立ち上げたスタートアップ、Algoage(アルゴエイジ、東京都文京区)は、企業が抱える課題をAIの学習機能を用いて解決・改善するサービスを展開している。

 課題についてのコンサルティングに始まり、課題解決に必要なAIソリューションの設計からデータの設計・収集、最適なAIの構築、運用しやすいアプリケーションの開発・実装までを一気通貫で担う(図1)。

図1■ AI技術でビジネス価値を最大化
図1■ AI技術でビジネス価値を最大化
Algoageの事業内容とそれを支える同社の強み。自社開発の様々なAIモジュールをベースに、「画像生成エンジン」や「姿勢推定エンジン」「人物追跡エンジン」「レコメンデーションエンジン」など、顧客のニーズに合わせたアプリケーションを制作・提供している。これまでにサービス提供した産業分野は、メディアや広告、ゲーム、教育、不動産、建設など幅広い(資料:Algoage)
[画像のクリックで拡大表示]

 顔認識や文字認識、言語処理など、自社開発した汎用的なAIモジュールを数多く持つ。これらを組み合わせたりカスタマイズしたりして、顧客ニーズに合わせたアプリケーションに仕上げるのが同社のスタイルだ。

 「賢いAIを使いやすいアプリケーションの形で提供できる」。創業者の1人、安田洋介代表取締役(写真1)は、同社の強みをこう表す。

写真1■ Algoageの創業者の1人、安田洋介代表取締役。東京大学在学中からAIの将来性に着目。日本が抱える諸課題をAIで解決すべく、2018年にAlgoageを起業した。デジタル化へのニーズの強さや業務において合理的に判断する場面の多さなど、「建設業とAIは相性が良い」とみる(写真:Algoage)
写真1■ Algoageの創業者の1人、安田洋介代表取締役。東京大学在学中からAIの将来性に着目。日本が抱える諸課題をAIで解決すべく、2018年にAlgoageを起業した。デジタル化へのニーズの強さや業務において合理的に判断する場面の多さなど、「建設業とAIは相性が良い」とみる(写真:Algoage)

 同社がこれまでに手掛けたサービスには、以下のようなものがある。「1枚のイラストからアニメーションを自動生成する」「映像に映った人を高精度に検知・追跡し、人の行動理解につなげる」「サービスで蓄積したユーザーの行動記録から嗜好性を学習し、お薦めの商品やコンテンツを示す」。

 創業からの3年間で同社の顧客となった企業は20~30社に及ぶ。業種はエンターテインメントやメディア、ゲーム、広告、教育、エネルギー、不動産、建設など多岐にわたる。

 安田代表によれば、建設業へのサービス提供は起業直後から視野に入れていた。「AIは人間の視覚や聴覚による判断を学んで自動化することが得意だ。建設業も異常検知や安全・健康管理といった観点で判断する際に、視覚や聴覚で得た情報を用いる例が多い。AIが生きるはずだと考えた」と安田代表は説明する。