全1477文字
  • 特定のビジネス領域に強いスタッフをチームに加えてAI開発
  • AMDによる制振技術の開発を大林組と共同で進め、実構造物で検証

 「産業の新たな姿をつくる」を旗印にAI(人工知能)によるソリューションサービスを展開するLaboro.AI(ラボロエーアイ、東京都中央区)は、2016年に創業したスタートアップ企業だ。

 同社は、コンピューター上でシミュレーションを繰り返してAIに学習させ、問題解決への手掛かりを見いだす「機械学習」に強みを持つ。この手法をベースに、顧客のニーズに合わせたAIソリューション「カスタムAI」を開発・提供する(図1)。

図1■ AIをオーダーメイド
図1■ AIをオーダーメイド
Laboro.AIが提供するAI技術サービス「カスタムAI」のフロー。検証フェーズで顧客のビジネスニーズに応じたAIを設計・育成。組み込み・運用フェーズでは、実際に運用しながらデータ収集と再学習によってAIの精度向上を図り、顧客のビジネス競争力を向上させる(資料:Laboro.AI)
[画像のクリックで拡大表示]

 カスタムAIの開発では、「サービス導入によるビジネス成果」にこだわっている。開発メンバーにはAIのエンジニアだけでなく、特定のビジネス領域に強い「ソリューションデザイナー」と呼ぶスタッフを加え、現場特有の課題に対応。「使えるAI」の構築を目指している。

 創業者の椎橋徹夫代表取締役CEO自身、AIや数学・物理学のエキスパートであると同時に、経営戦略を専門とするコンサルティングファームで企業支援に腕を振るった経歴を持つ(写真1)。

写真1■ Laboro.AIを立ち上げた椎橋徹夫代表取締役CEO。「テクノロジーとビジネスをつなぐ」AI技術サービスを展開。産業にイノベーションを起こすことが目標だ(写真:Laboro.AI)
写真1■ Laboro.AIを立ち上げた椎橋徹夫代表取締役CEO。「テクノロジーとビジネスをつなぐ」AI技術サービスを展開。産業にイノベーションを起こすことが目標だ(写真:Laboro.AI)
[画像のクリックで拡大表示]

 冒頭の企業目標は、「新技術とビジネスの双方を深く理解し、それらを積極的につないでイノベーションを起こす」という椎橋CEOの考えに基づく。

 21年は創業から6年目。顧客数は年間で15~20社を数え、有名企業も多い。信頼関係を構築できた顧客がリピーターとなり、プロジェクトを更新・継続するケースもある。