全1476文字
  • リリースから1年半で40都道府県の1万現場で導入
  • スマホアプリとの連係で3次元データの活用がより手軽に

 国土交通省の主導でBIM/CIMを活用した業務や工事が拡大し、3次元点群データの扱いに不慣れな企業は難局に立たされている。点群データの解析には高額なパソコンやソフトウエアが必要なうえ、解析スキルを持つ人材の確保も難しいからだ。

 この課題に着目し、クラウド上で3次元点群データを自動解析するサービスを展開するのが、ローカスブルー(東京都渋谷区、旧社名はスキャン・エックス)だ。

 同社は2019年に創業。20年9月に、クラウド上で3次元点群データを解析するプラットフォーム「スキャン・エックス」をリリースした。同サービスは解析精度の高さや操作性に加えて、専用のパソコンやソフトが不要で、使用料が比較的安価なことなどが支持され、22年5月時点で1万現場以上での使用実績を持つ。

 創業者の宮谷聡代表取締役(資料1)は、大手航空会社などで航空宇宙系エンジニアとして勤務した後、海外のスタートアップ企業に転職。同僚に触発されて起業を決意した。

資料1■ ローカスブルー(旧スキャン・エックス)の宮谷聡代表取締役。航空宇宙系エンジニアとして仏エアバスなどで勤務した後、米シリコンバレーやイスラエルでスタートアップ企業に参画。2019年に帰国してスキャン・エックスを立ち上げた。ゆくゆくは海外展開も本格化させ、世界で戦えるスタートアップへの成長を目指す(写真:Locus Blue)
資料1■ ローカスブルー(旧スキャン・エックス)の宮谷聡代表取締役。航空宇宙系エンジニアとして仏エアバスなどで勤務した後、米シリコンバレーやイスラエルでスタートアップ企業に参画。2019年に帰国してスキャン・エックスを立ち上げた。ゆくゆくは海外展開も本格化させ、世界で戦えるスタートアップへの成長を目指す(写真:Locus Blue)

 「起業当初はビジネスの中身を固めていなかった。そこでまずは、様々な企業へのヒアリングでニーズを掘り起こした。ヒアリングでアイデアをぶつけた際に、反応が最も良かったのが、3次元点群データをクラウド上で解析するサービスだった」と宮谷代表は明かす。