橋梁点検の限界が露呈している。定期点検が2巡目に入った現在でも、思わぬ劣化で通行止めなど緊急措置が必要となる例は後を絶たない。早期に補修は必要ないと判定された橋で、段差や陥没などの事故が発生している。なぜ、劣化を見抜けないのか。最近のトラブル事例を基に対処法を探る。

(写真:国土交通省東京国道事務所、山口県、高知県、舞鶴市、日経コンストラクション)
(写真:国土交通省東京国道事務所、山口県、高知県、舞鶴市、日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]