全2914文字
PR

桁端部を支えていた鉛直PC鋼棒が破断し、路面に20cmの段差が生じた山口県の上関大橋。日経コンストラクションの取材で、15年前にも反対側の桁端部で鉛直PC鋼棒が破断していたことが分かった。橋を管理する県はその事実を公表せず、もう1つの“時限爆弾”を放置していた。

 山口県の室津半島と長島を結ぶ「上関大橋」(山口県上関町)で2020年11月14日夜、室津側の桁端部が突然跳ね上がり、路面に約20cmの段差が生じた(写真12)。桁の浮き上がりを抑えるために橋座とつないでいた鉛直PC鋼棒の破断が原因だった。一つ間違えば、落橋しかねない致命的な損傷だ。コンクリート内への水の浸入で腐食したとみられる。

写真1■ 室津半島と長島の間の海上に架かる上関大橋。右側が、桁端部で跳ね上がりが生じた室津側(写真:日経コンストラクション)
写真1■ 室津半島と長島の間の海上に架かる上関大橋。右側が、桁端部で跳ね上がりが生じた室津側(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2■ 事故直後の様子。路面に約20cmの段差が生じ、通りかかった車が衝突した(写真:山口県)
写真2■ 事故直後の様子。路面に約20cmの段差が生じ、通りかかった車が衝突した(写真:山口県)
[画像のクリックで拡大表示]

 上関大橋は、1969年に完成した長さ220mのプレストレスト・コンクリート(PC)箱桁橋だ。中央部がヒンジの「ドゥルックバンド」と呼ぶ構造形式を採用している。2本の橋脚を中心にそれぞれシーソーのようになっていて、橋台上の桁端部には常に上向きの力がかかる(図1)。

図1■ 中央がヒンジの「ドゥルックバンド橋」
図1■ 中央がヒンジの「ドゥルックバンド橋」
2020年11月14日に突然、桁端部が跳ね上がる事故が起こった上関大橋の側面図。山口県の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 その力に対抗する鉛直PC鋼棒は、桁や橋台のコンクリート内部に埋め込まれているので、目視では点検できない。そのため、橋を管理する県はPC鋼棒の腐食状態などをチェックせず、17年度の定期点検で健全度を2番目に良好なIIと判定していた。

 事故後に橋座の前面にある突起部をはつって調べたところ、18本の鉛直PC鋼棒のうち8本の破断を確認できた(図2写真3)。桁全体が浮き上がっているので、他の10本も見えない箇所で破断したか、あるいは抜け出ていると考えられる。

図2■ 桁が浮かないよう引っ張っていたPC鋼棒が破断
図2■ 桁が浮かないよう引っ張っていたPC鋼棒が破断
桁が20cmほど跳ね上がった橋台付近の様子。鉛直PC鋼棒18本のうち、8本で破断が確認できた。山口県の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]
写真3■ 桁下の様子。橋台突起部をはつって鉛直PC鋼棒の状態を確認した
写真3■ 桁下の様子。橋台突起部をはつって鉛直PC鋼棒の状態を確認した
[画像のクリックで拡大表示]
破断した鉛直PC鋼棒(写真:山口県)
破断した鉛直PC鋼棒(写真:山口県)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした事故は十分に予想できたはずだった。実は15年前、対岸にある長島側の橋台で、鉛直PC鋼棒の破断が見つかっていたからだ。県はそのときの教訓を生かすことなく、対策を怠っていた。