全3695文字
PR

5.総合技術監理部門

 総合技術監理部門は、技術士の全部門に横断的に位置する部門で、建設以外の部門の受験者も存在する。全部門に共通するテーマで出題されるので、技術者倫理や世界的な不況といったテーマが想定される。

 特に後者は時事的な話題だ。新型コロナウイルスの影響を例に取ると、この状況下で自らの業務にどんなリスクが発生し、どう対処する必要があるのか。問われてもおかしくないテーマなので、準備しておこう。

堀 与志男
5Doors’代表
技術士受験指導歴25年。土木学会特別上級技術者。技術士の試験対策などで多数の著書がある

■ 執筆協力者

DOSUCO技術士事務所代表 松谷 孝広
さくら都市企画設計代表 床並 英亮

■ 連載の予定

  • 第4回 国土交通政策の読み方(1)(4月26日号)
  • 第5回 国土交通政策の読み方(2)(5月24日号)
  • 第6回 筆記試験直前対策(6月28日号)
  • 第7回 試験当日の対策と直後の行動(7月12日号)
  • 第8回 2021年度筆記試験の解説(8月23日号)
  • 第9回 口頭試験対策(建設部門)(10月25日号)
  • 第10回 口頭試験対策(総合技術監理部門)(11月8日号)

日経コンストラクション技術士取得支援サイトでは、過去・最新の「技術士一直線」をお読みいただけます。有料の技術士試験対策会員になれば、過去問題の解説や日経BPが発行する試験対策の書籍などのコンテンツを全てご利用いただけます。
https://nkbp.jp/ncrpe