全3276文字
PR

選択科目IIIでは、自分の専門分野に関する多面的な課題や解決策を提示する必要がある。出題テーマの基となる最新の国土交通政策を、国土交通省の審議会の資料で押さえておく。小問に対する答案構成の基本も紹介する。(日経コンストラクション)

1.選択科目IIIの試験内容

 選択科目IIIは、2021年度の技術士第二次試験の受験案内にあるように、受験者が選択した科目に関する「問題解決能力および課題遂行能力」を問うものだ。試験時間は選択科目IIと合わせて3時間30分で、答案用紙3枚に記述する。配点は30点で選択科目II−1とII−2の合計に等しく、選択科目の中で最も高い(図1)。

図1■ 選択科目IIIの試験方法
図1■ 選択科目IIIの試験方法
総合技術監理部門を除く技術部門。選択科目の試験中に休憩時間はなし(資料:日本技術士会)
[画像のクリックで拡大表示]

 受験者が選択した科目ごとに、その分野で課題となっているテーマが出題される。設問の流れとしては、まず多面的な課題を抽出させ、その中から最も重要な課題を選ばせて、解決策を提示させる。さらに、解決策の波及効果、新たな懸案事項とその対策を書かせる。

 具体例として、図2に20年度の実際の問題文を示す。これは「道路」だが、小問(1)~(3)の問題文は、全ての技術部門と選択科目でほぼ同じだった。必須科目とも、必須科目の小問(4)を除けば同じだ。

図2■ 2020年度の選択科目IIIの問題文
図2■ 2020年度の選択科目IIIの問題文
[画像のクリックで拡大表示]

 まず(1)の「多面的な観点から課題を抽出」では、3つの課題を記述する。2つでは多面的と言い難いからだ。ただし4つ以上だとスペースが足りず、それぞれの記述内容が薄くなるので3つでよい。

 必須科目と同様、「観点」とともに記述するよう問われているので、3つの課題の観点を、切り口を変えて多面的に記述する。観点とするのは人材やコスト、安全、制度、技術などだ。課題の内容には、それがなぜ課題なのかという理由を示せばよい。背景と現状を記述することで説明できる。

 次に(2)で、(1)の解答から最も重要な課題を1つ選択する。主観を排除して、その出題テーマに対して最もふさわしい解決策を記述できる課題を選ぶべきである。

 解決策は、なるべく最新の国土交通政策を基に記述する。普遍的な解決策もあるが、それでもなるべく新しい政策を提示する。ここが解答の中心となるので、しっかりと準備しておくことが必要だ。

 最後に(3)で、「すべての解決策を実行した上で生じる波及効果と、新たな懸案事項への対策」を示す。波及効果は、解決策によってもたらされる直接効果ではない。解決策の直接効果はテーマそのものの解決なので、波及効果はその影響による他の効果を指す。例えば、図2の道路の出題例では、解決策によって、直接効果でこの出題のテーマである災害に強い道路ができ上がる。波及効果としては、経済発展や物流コストの低減などが考えられる。

 一方、新たな懸案事項は、当初から分かっている解決策のデメリットだ。「技術者として知っておくべき」という意図で書かせるものなので、あまり多く記述しない。リスクや懸案事項がたくさんある場合、提案した解決策には不備が多いことになるのでマイナス評価となる。

 懸案事項は、潜在的なハザード(危険源)なので、発生しない可能性があるものだ。顕在化しないような対策も記述する。「新たな」とあるのがポイントだ。解決策の残存リスクではない。