全2616文字

 古い水道管ほど破損しやすいとは限らない──、兵庫県朝来市の漏水実績から明らかになった事実だ。米スタートアップのFRACTAは管径や材質、周辺の土壌などのデータからAIで破損確率を算出。これを基に更新の優先順位を定めれば、維持管理コストの削減につながる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料