自然の持つ多様な機能を生かして社会課題を解決する「グリーンインフラ」が、グリーン社会の実現や流域治水をはじめ、あらゆる事業で求められるようになった。自然を資産とする考え方が国際的に公認されており、建設関係者と自然とのつながりは今後さらに深くなる。仕事をする上で、グリーンインフラは欠かせない新教養となりつつある。

(写真:グリーンインフラ官民連携プラットフォーム、総合地球環境学研究所、日本建設業連合会、日経コンストラクション、岩崎 寛、宇検村、資料:国土交通省常陸河川国道事務所、泉大津市、バイオーム、NPO 法人大丸有エリアマネジメント協会、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、三菱地所)
(写真:グリーンインフラ官民連携プラットフォーム、総合地球環境学研究所、日本建設業連合会、日経コンストラクション、岩崎 寛、宇検村、資料:国土交通省常陸河川国道事務所、泉大津市、バイオーム、NPO 法人大丸有エリアマネジメント協会、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]