全2704文字
PR

流域治水の本格化に伴い、治水だけでなく環境などの多面的効果を発揮する「霞堤」が見直されている。氾濫域で水をあふれさせるとなれば、河川管理者だけでなく自治体との連携が必須だ。霞堤の新設・保全によってグリーンインフラを生み出す先進事例に迫った。

 戦国武将の武田信玄が考案したといわれる河川の伝統工法が、国土交通省の直轄河川で現代によみがえろうとしている。開口部を設けた不連続の堤防である「霞堤(かすみてい)」だ。

 関東地方整備局常陸河川国道事務所が管理する那珂川と久慈川では、2019年10月の東日本台風(台風19号)で甚大な被害を受けた後に、緊急治水対策プロジェクトを進めている。その中で、霞堤の新設が盛り込まれた。

 建設候補地は、那珂川と久慈川の計4カ所。中でも那珂川が流れる栃木県那須烏山市の下境地区では、先行して事業が進む(写真1)。地元での住民説明が終わり、用地調査に取り掛かっている。22年度から着工する予定だ。

写真1■ 霞堤を整備する栃木県那須烏山市の下境地区。現在は十分な堤防がなく、2019年10月の東日本台風では甚大な浸水被害を受けた(写真:国土交通省常陸河川国道事務所)
写真1■ 霞堤を整備する栃木県那須烏山市の下境地区。現在は十分な堤防がなく、2019年10月の東日本台風では甚大な浸水被害を受けた(写真:国土交通省常陸河川国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 霞堤には開口部から氾濫域にある水田などへ水をあふれさせる遊水効果や、上流で氾濫した水を川に戻す還元効果を持つ。一般的に急勾配の区間では前者、緩勾配の区間では後者の機能をそれぞれ発揮する。

 霞堤から水をあふれさせているときは、堤外地と堤内地との水位差が減る。そのため、堤防の浸透破壊の原因となるパイピングを防いだり、越水時に堤防から流れ落ちる水のエネルギーを減勢して堤防法尻の洗掘を防いだりする効果がある。

 加えて、洪水時に水がたまる流れの緩やかな部分に、多くの生物が避難できる。背後地の水田に肥沃な土砂を含んだ氾濫水が流れ込めば、養分の供給効果も期待できる。霞堤がグリーンインフラといわれる理由は、治水以外にもこのような複数の機能を持つ点にある。

 「連続堤防の場合、川の中と外の生態系は分断される。しかし、霞堤の場合、開口部から川の中と堤内地の田んぼ、さらにはその背後の里山へと連続性が保たれる。環境へのメリットは大きい」。常陸河川国道事務所の堀内輝亮副所長はこう話す。