全1847文字
PR

多数の重機を連続稼働させる計画を持つクワッドアクセル。その施工効率を最大限に発揮するには、「従作業」の高速化が欠かせない。保護コンクリートの効率的な施工や材料の安定供給に向けた工夫にも注目だ。

 成瀬ダムの現場で大量の重機を自律運転させて構築しているのは、ダム堤体の中心を担うCSGの構造体だ。しかし、24時間体制で計画的に「主作業」を進められる自律運転の効率を下げないためにも、関連する「従作業」の作業速度を高めていく必要がある。

 従作業の一例は、CSG堤体の耐久性を高めるために表面に設けるコンクリートの施工だ。型枠の設置や解体といった手の込んだ作業が必要となる。そこで鹿島では、従作業である表層の保護コンクリート打設を合理化する「置き型枠自動スライドシステム」を開発。実用化を果たしている(写真1)。

写真1■ 置き型枠自動スライドシステムで使用する置き型枠自動スライドリフタ(写真:日経クロステック)
写真1■ 置き型枠自動スライドシステムで使用する置き型枠自動スライドリフタ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 成瀬ダムの堤体工事では、高さ75cmを1段とするCSG堤体の構築を繰り返す。保護コンクリートの施工を高速化するために、堤体の表面形状を一般的な斜面状から階段状に改めた。階段状に設計した保護コンクリートを、「置き型枠自動スライドリフタ」などで施工する。

 置き型枠自動スライドリフタは、H形鋼を2段重ねた高さ80cm、長さ5mの置き型枠を、保護コンクリートを施工済みの下段から3段上の未施工の段へと引き上げる枠状の台車だ。

 置き型枠を外す下段と保護コンクリート打設前の上段との間にある脱型前の置き型枠をレールにして台車を動かす。置き型枠の引き上げ、設置、設置後の台車の横移動という一連の作業を自動化できる。

 これまで15m当たりで150分を要していた型枠の設置作業は、開発した台車を用いると30分に短縮できる。さらに、作業に必要な人手も特殊作業員4人から普通作業員1人に減らせる。成瀬ダムでは置き型枠の設置と保護コンクリートの打設サイクルを2万2000回以上繰り返す必要がある。

 さらに、CSG堤体を施工する上面に配置するクレーンの数を減らせるので、施工に伴って面積が狭まる上面での重機の輻輳(ふくそう)を緩和でき、安全性も高められる。