全895文字

 国土交通省は2022年度に一般土木と鋼橋上部の直轄事業において、小規模な案件を除く全ての詳細設計でBIM/CIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング/コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の活用を原則化する。3次元データの利用環境を広げ、建設プロセスの効率化を狙う。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料