全884文字

 千葉県八街市内で2021年6月、児童がトラックにはねられて死傷した。この事故を受け、国土交通省と文部科学省、警察庁が通学路の合同点検の実施要領をまとめ、遅くとも2021年内には、自治体において通学路の点検や危険箇所への対策立案を終わらさなければならなくなった。22年からは要対策箇所が増える見込みで、改修などが順次、進んでいく。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い