全749文字

 建設用の3Dプリンターで建物や橋などを製作する事例は海外が先行する。一方で、日本でも技術開発が活発になってきた。2022年は国内で、建設3Dプリンターによる造形物を本設構造物として採用する事例が増える見込みだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料