全1679文字
PR

富士山の大規模噴火で発生する溶岩流や火砕流は、東京都には届かないと想定されている。一方、火山灰は風向きによって首都圏の広域に達し、都市機能が停止する恐れがある。噴火から3時間で、堆積した火山灰が大規模停電や鉄道の運休などを引き起こす。

 東京ブラックアウト──。富士山が大規模な噴火をした場合、火山灰の影響で3時間後には東京や神奈川で大規模な停電が発生する恐れがある。他にも、道路や鉄道、水道、発電所で多くの被害が想定される。

 桜島の噴火で火山灰の被害を日常的に受けている鹿児島市などでは、昼間でも自動車のライトを点灯しないと標識や白線が見えにくくなることもある(資料1)。それでは、首都圏の「降灰」で具体的にどんな事態が起こり得るのか。

資料1■ 道路に降り注ぐ火山灰
資料1■ 道路に降り注ぐ火山灰
(写真:国土交通省大隅河川国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 首都圏などを対象とした被害想定は、内閣府の中央防災会議が設置した火山の専門家らによる「大規模噴火時の広域降灰対策検討ワーキンググループ」(主査:藤井敏嗣・山梨県富士山科学研究所長)が作成。報告書を2020年4月に公表した。

 1707年に発生して16日間続いた宝永噴火を参考に、噴火の規模や噴出率を想定した。火山物理学を専門とする東京大学地震研究所の鈴木雄治郎准教授は「噴火の際の噴出物には、火山灰や噴石など火砕物が多いタイプと、溶岩流が多いタイプがある。宝永噴火は前者だ」と説明する。

 降灰の分布は、噴火時の風向や風速で大きく変わる。全てのケースをシミュレーションするのは難しく、特定の条件で抽出した。富士山の上空には通常、西風が吹いており、降灰が厚くなるのは火口の東側の地域となる可能性が高い。中でも、西南西の風が卓越すると首都圏への影響が最も大きくなる(資料2)。

資料2■ 降灰が首都圏を襲う
資料2■ 降灰が首都圏を襲う
富士山が大規模噴火し、西南西の風が卓越して15日間降灰が続いた場合の火山灰の堆積厚。中央防災会議の資料に日経コンストラクションが加筆
[画像のクリックで拡大表示]

 最悪の想定だと、東京都心で2cm以上の灰が積もる。例えば、東京都新宿区では噴火から15日間で約10cmの灰が堆積する(資料3)。

資料3■ 新宿区で火山灰が10cm堆積
資料3■ 新宿区で火山灰が10cm堆積
富士山が大規模噴火し、西南西の風が卓越した場合の東京都新宿区付近の降灰状況(資料:中央防災会議)
[画像のクリックで拡大表示]